どんなお酒が売れるの?お酒買取業者に売れるお酒の種類

どんなお酒が売れるの?お酒買取業者に売れるお酒の種類

お酒買取業者に売れるお酒の種類

飲む予定がないお酒や処分に困っているお酒をお持ちではありませんか?もしお持ちなら、ぜひ業者に買い取ってもらいましょう。
お酒は売ることができるからです。
しかし、どのような種類のお酒が売れるのか疑問が浮かぶかと思います。
一口にお酒といってもさまざまありますが、以下で挙げるものは売却が可能です。

当サイトでは高く売れるかもしれない銘柄についても紹介していますので、こちらの記事も是非ご覧ください。

ワイン

ワインはポリフェノールが美容健康に良いとされ、密かなブームになっています。
昔ながらの渋みが強い赤ワインから、甘さが際立つフルティーな白ワインまで、非常に多くの銘柄が販売されています。
こうしたワインは主に女性の人気が根強く、普段から嗜んでいる方も少なくありません。
今このページをご覧の方の中にも、ワインが好きな方はいらっしゃると思います。

ヨーロッパはもちろん、現在は日本でも多数造られているワインですが、実は買取でも定番のお酒です。
買取相場が一本数百円程度の銘柄も少なくありませんが、逆に数万~数十万円もの値が付く銘柄もあります。
例えば日本での知名度が高い「ロマネ・コンティ」の場合、ヴィンテージ次第では100万円以上の値が付くこともあるのです。

他にもボルドー・ブルゴーニュのワインなどは数千~数万円で買取される場合があります。
ワインは日本だけでなく世界的なニーズがあるため、高価買取も期待できるのです。
お酒の買取業者も積極的に買い取っており、多くの銘柄で相場が確立されています。

シャンパン

炭酸を含んだ発泡性ワインをスパークリングワインといいますが、その中でもシャンパンは高価買取されやすいお酒の種類といえます。
シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインのことで、高級な銘柄も存在します。
例えば「ドン・ペリニヨン(ドンペリ)」をご存知の方は多いでしょう。
ドンペリは市価が10万円を超すこともある高級シャンパンの代名詞です。
他にも「モエ・エ・シャンドン」や「ペリエ・ジュエ」など、世界的に有名なシャンパンの銘柄は多数あります。

シャンパンは買い取っている業者が多く、買取相場も一本数千~数万円と高額です。
限定品であれば更に価格が跳ね上がる可能性もあります。
未開封のシャンパンをお持ちなら、ぜひ査定を受けてみてはいかがでしょうか?

なお、シャンパンが買取される訳は販売価格の高さも理由ですが、やはり世界的なニーズの根強さにあります。
日本だけでなく海外でも非常に高い評価を得ており、高級レストランはもちろん、財界人・政府要人が集まる場でも供されています。
このような幅広いニーズがあるため、業者も積極的に買い取っているのです。

 

ウイスキー

麦やトウモロコシなどの穀物を用いた蒸留酒がウイスキーです。
その独特の癖は好みが分かれますが、長い歴史を持つお酒であり、現在は世界各地で生産されています。
ウイスキーに詳しくない方でも、「スコッチ」や「バーボン」は聞いたことがあるかと思います。
これらは非常に有名なウイスキーで、世界中に愛飲家がいます。

さまざまな楽しみ方ができるウイスキーですが、こちらも買取では定番といえるお酒です。
特に近年はウイスキーが世界的なブームになっており、買取相場も暴騰しています。
そのような事情から、買取相場が定価の数倍に跳ね上がっている銘柄もあります。
銘柄の人気度と熟成年数次第ですが、数十万円の値が付くこともあるほどです。
自宅に眠っているウイスキーがお宝に化ける可能性も否定できないでしょう。

ただし、相場が暴投しているのは一部銘柄に限ります。
ウイスキーはスーパーなどでも売られていますが、数百円の銘柄が数千円に化けることはありません。
しかし査定を受けてみないと価値は分かりませんので、まずは査定してもらうと良いでしょう。

ブランデー

ブドウやリンゴなどの果実を用いたお酒がブランデーです。
ウイスキーと同じ蒸留酒のため混同されがちですが、異なるお酒のため気を付けましょう。
特に定番ともいえるのがフランスで造られる「コニャック」で、「カミュ」や「レミー・マルタン」など高級な銘柄もあります。

ブランデーも積極的に買取されているお酒の種類です。
ウイスキーのようなブームは起こっていませんが、ブランデーを好む愛飲家は非常に多く、コニャックなどは世界中にコアなファンがいます。
日本でも一定のニーズがあるため、好んで買取されやすいのです。
数量限定品や希少価値の高い銘柄などは10万円を超える価格で取引されています。

特に高値が期待できるのはバカラボトルの各種銘柄です。
その他の銘柄もコレクションニーズがありますので、飲む予定がない場合は売却を検討してみましょう。

焼酎

焼酎は過去に爆発的なブームが起こりました。
現在は一時よりも落ち着いていますが、「3M(魔王・村尾・森伊蔵)」を始めとする一部銘柄は価格が高騰しています。
焼酎はスーパーでも買える手軽さが魅力ですが、実は買取も行われているお酒なのです。
3Mはもちろん、他にも幅広い銘柄が買取されています。
特にブーム後は焼酎を嗜む人が増えたため、銘柄によっては高値で買取してもらえます。

ただし、ワインやウイスキーほど高価な銘柄が無いため、焼酎を積極的に買い取っている業者は限られます。
もし売りたい方は、複数の業者に査定してもらうのが良いでしょう。
買取相場は数百円~数千円と幅広いですが、高値が期待できるのは生産量が限られる銘柄です。
スーパーで売られている銘柄はほとんど値が付きません。

一方、地域限定品やギフトで貰った銘柄であれば、査定を受けてみる価値があります。
まとめて売却すると買取金額がアップする業者もあるため、他のお酒と合わせて売るのも良いでしょう。

その他

私達に身近なお酒なら、他にも日本酒やビール、缶チューハイなどが挙げられるでしょう。
特に日本酒やビールはギフトで貰うことも多いですが、ウイスキーなど他のお酒に比べて買取は難しいのが実情です。
業者によっては買取自体断っている場合もあります。

確かに日本酒やビールのニーズは他のお酒以上といえます。
しかし、これらのお酒は時間とともに風味が落ちてしまい、長期の保管は難しいのです。
日本酒の場合、地酒であれば高値が付く可能性もありますが、製造から年月が経ったものは価値が低くなります。
またビールや缶チューハイは単価が非常に安いため注意が必要です。
銘柄によっては一缶あたり数十~100円ほどの値が付きますが、ワイン・ウイスキーのように高騰することはありません。

ただ、ビールや日本酒を買取している業者も中にはあります。
業者によって対応が分かれますので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。
焼酎を売る時と同様に、他のお酒と合わせて売るのと良いでしょう。
逆に単品では高値になりにくいため、1円でも高く売りたい方は工夫が必要です。

まとめ

お酒買取業者に売れるお酒はさまざまありますが、今一度おさらいしてみましょう。

  • ワインやシャンパンは高価買取の定番
  • ウイスキーやブランデーはプレミアが付く可能性も…
  • 焼酎は一部銘柄に高値が付きやすい
  • 種類によっては買取を断っている業者もある

いずれにせよ、売りたいお酒がある方は査定してもらうと良いでしょう。
特にワインやシャンパン、ウイスキー・ブランデーの4種は高価買取も期待できます。
ただ保管状態によっては風味が劣化しますので、早めに売ることをおすすめします。